日本矯正歯科学会認定医 遠藤 陽子

色々な事情で矯正治療を受けれずに大人になって矯正治療を諦めていませんか?
矯正治療は60歳からでも可能です。やりたいときが適齢期。一本だけのプチ矯正も可能です。
歯並びがきれいになり、かみ合わせが良くなると、肩こりや腰痛など改善の可能性もあり全身の健康にもいいことがたくさん。若々しく健やかに年を重ねるためにお役に立てます。横顔スッキリ、小顔効果など、見た目のコンプレックスを解消しストレスをなくしましょう。

●3歳児検診後
むし歯予防の指導をうけながら歯科医院に対しての恐怖心を持たせない友好な環境をつくり、正しい姿勢や鼻呼吸訓練など行なったり、かみ合わせによって治療のタイミングを確認します。

●永久歯の前歯が生える6〜7歳
●乳歯の生え変わる8〜9歳
●永久歯が生え揃う12歳頃〜
●気になる歯があった時、都度
「カラーゴム」「シールプレート」でアクセサリー感覚で装着もできます
すきっ歯や逆咬合でずっと気になっている方は、一本だけでも治療できる場合がありますのでお気軽に相談にご来院ください。

目立たない矯正器具
※お口の中の症状によって使えない場合もあります

ホワイトワイヤー
ホワイトワイヤー矯正は白や透明色の目立たない色のブラケットです。非金属製で金属アレルギーの方でも使用が可能です。

インビザライン
透明で薄いマウスピース型の装置です。自分で取り外し可能です。
治療期間が少し長くなるリスクがあります。

裏側矯正:フランス製ハーモニー
歯の裏側に装着するブラケットです。
表からは見えないので周囲の人から気付
かれません。
一例「フランス製ハーモニー」
装着中の違和感が改善・装着が簡単治療期間の
短縮・汚れがたまりにくいなど利点があります。

表側矯正
従来のイメージの金属色の目立つ装置は年々開発が
進んで現在では小さくて目立たず、痛くないなど新
しい装置になっています。

アンカースクリュー(大人)
治療期間が短縮できます。
今まで動かすのが困難だった方向にも歯を動かすこ
とが出来ます。取り外し装置は使いません。

患者様の症状やご希望によって矯正治療や使用する器具は様々です。症状によってはご希望の器具が
使えない場合のありますが、使用器具、ご予算、治療期間なども含めてご希望をお聞かせください。
 矯正歯科治療の進め方は
❶ 矯正相談             見た目で想定される、治療方法、治療期間、費用などご説明します。
❷ 検  査             写真、レントゲン、歯型、唾液検査します。
❸ 治療計画のご説明         治療計画を充分にご理解されたうえでご契約させていただきます。
❹ 器具を装置して矯正治療開始    治療中の不安や不明な点をお聞かせ下さい。
❺ 矯正装置の撤去
❻ 保定器具を装置
❼ 保定終了で矯正治療終了
  ※終了後も、むし歯予防のメンテナンスや歯列の戻りチェックを定期的に行ないます。
 治療期間ってどれくらい
治療方法は多種多様です。ご予算、器具の種類、身体の負担、治療期間などご希望に添った治療計画をご提案させていただきます。
目安としては、こども12歳永久歯が揃うまで、大人2年〜5年です。
 治療費用はいくらくらいですか
症状や使用器具など治療内容によって計算されます。治療計画のご説明の際にお尋ねください。お支払い方法は、分割やデンタルローンが可能です。

矯正治療は医療費控除の対象となります。
治療後にお渡しする領収書は大切に保存してください。
 治療中は痛みはありますか?
装置を付けたばかりの時や器具の調整をした直後は痛みを感じますが、効果が現れはじめているということでもあります。痛みの度合いは個人差があります。
 歯は抜きますか?
症状やご希望の治療によっては必要になる場合もありますが、出来るだけ抜かない治療をご提案しています。
 小さな兄弟を連れていってもいいのですか?
矯正歯科治療の専門のお部屋と隣接してファミリールームを設けていますので、気兼ねなく通院できます。
医療費控除

医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、一年間に10万円以上の医療費が必要になった場合に申請すると、所得税の一部が戻ってきます。毎回の治療後にお渡しする領収書は大切に保存してください。
PAGE TOP